スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさぐれる話。

例えば、ですよ。
自分で酒を飲んで翌朝二日酔い。
これは仕方ない事ですよね?
盗んだバイクで走り出して停学になっても、治安が悪いイランを旅してゲリラに摑まっても、
これってのは自分の意思でやった事だから納得できるんです。

でもさ。
顔も知らない奴が俺の知らないところで酒飲んで、何故か俺が二日酔いになったり。
そーゆー自分のあずかり知らぬところで害を被るってのは、どうしても納得できない訳ですよ。
何が言いたいかお分かりいただけますよね?
えぇ、つまり。

規制に巻き込まれた。

例の岡田祭って奴です。
迷惑極まりないんですけど。
本気で。
今年3回目だぜ?
どーなってんだよ。

これがさ、俺も運営に凸ってんなら納得するさ。
なんなの?
去年まで数える程度しか規制喰らった事無いんだぜ?
どうも、一人の馬鹿に巻き込まれてる被害妄想が抜けない。
畜生。

以前も言ったけど、避難所やらパー速は嫌なのよ。
黙々と投下とか……何が楽しくてそんな事せなあかんのか、と。
そりゃ、俺は微マゾですよ?
でも、苦労して書き溜めた投下を3時間一人で黙々とか……。
途中で泣き出す自信がある。

文丸さんの代理投下をお願いするか。
でも、そうすると最終推敲が出来ないし、150レスも代理をお願いするのは流石に気が引ける。
モリタポ買えばレス出来るんだっけ?
……金かけるって言うのも何だかなぁ。
日課の糞スレも立てられねぇじゃねーか。
今日は『キャラディのジョークな毎日のエロ画像下さい』ってスレ立てようと思ってたのに……。
誰かいいアイディア下さい。

以下、スレ返しみたいなもの。

まず、細かい事から言うとゾロアスター教っていうよりミトラ教だと思う。
ゾロアスターは内向的に非イラン系の神話を歪めてるしね。

で、元々旧約聖書ってのは当時のオリエント地域の与太話を都合良く掻き集めてるのよ。
天使の翼もそうだし、ティアマットなんかも有名だよね。
十戒だってヤハウェはイスラエルの神様だ。
(天使の翼は、オリエントからギリシャに渡っていった説も有名。ニケ像なんかそうだよね)

何が言いたいかっつーと、こーゆー大らかだった時代の宗教観と『異教徒ぶっ殺せ』が主流だった時代の宗教観を交える事がまず間違いよ。
更に言えば、天草四郎の乱は宗教戦争ではなく、農民一揆。
その証拠に、この乱で死んだ人達は殉教者にされてないのね。

ちなみに日本にキリスト教を伝えたイエズス会は【教皇の精鋭部隊】と呼ばれたほどの純粋なカトリック集団。
ヨーロッパのプロテスタント化を食い止めた連中。
後にヨーロッパの国々がイエズス会を邪魔に思った時は、ロシアに亡命してるし、
教皇不可侵説の土台を作ったのもイエズス会です。
さて、そんな連中がイギリス国教会と手を取るか……?
どっちかっていうとアンデルセン神父なんかに近い連中の筈なんだけど、それでも神教や仏教と融和するか……?

まぁ、例の本の話はこのままだと半永久的に続きそうなんで止めときますが、
ツッコミどころを調べるって意味では面白い本なのかもしれない。


スポンサーサイト

たわいもない話。

どーも!!!!!
俺です!!!!!!!

久々に筆が止まりました!!!!!!!!
って言っても、なーんか表現に納得いかない部分があっただけなんで、
今晩中に一気に書きます!!!!!!

多分!!!!!

まぁ、そんな事はさて置き。
ちょっと気になる事があったから調べてたのもあるんだよね。
いわゆる、取材って奴です。

設定上、どこ駆けでは地域によって飲まれている酒が変わります。
南部では麦酒、北部では火酒って感じで。
ニイトでは羊や山羊の乳で割った火酒ですし(元々、酪農国家ですから)
モテナイは遊牧時代の名残で羊の乳そのものから酒を作っています。
では、リーマンではどのような酒を飲んでいたのか?
それが蜂蜜酒です。
当然、この島の最大民族ですから、島全体でも飲まれていたのではないでしょうか?

ところで……蜂蜜酒ってどんな味がするんでしょうか?
また、どうやって作るんでしょうか?

ち*゚∀゚)ー ……

えぇ、そんなわけでちゃんと作りましたよ?
しっかり味も確かめました。
そりゃ、日本国には酒税法って法律がありますから?
ちゃんと、国外でれっきとした職人さんに弟子入りする形で作ったです。
ヘルシアの空き容器を使ってちょいちょいと作ったりなんかしているわけがないですよwwww
常識じゃないですかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
パンを焼くついでにちょっと余分にイースト菌を活性化させておいて、
片手間で作れるくらい熟練したとかwwwwwwwwwwww
馬鹿言っちゃいけませんよwwwwwwwwww


え?
1リットルのヘルシアの空き容器に蜂蜜300流しこんで、丸めたパン屑ちょっとと、イースト菌適当にぶち込んで、水でも紅茶でもジュースでも適当に入れて、常温で3日放置ですよ。
で、澱が混ざらないように別容器に移して、冷蔵保管するとか、
アルコール濃度が高くなると糖度を感じなくなるんで、飲む時に蜂蜜を足すとか。
全部妄想に決まってるじゃないですかwwwwwwwwww
初心者は水から初めて方が良いとか、蜂蜜の色が消えたら酵母で糖が分解された目安とかwwwww
全部俺の想像ですからwwwwwwwwwwwwww

以下、コメ返しみたいなもの。

まぁ、例の本につきましては、ちょっと詳しい人ならツッコミどころ満載、とだけ。
どーでもいいけど、カトリック教徒の俺からするとあまりに不自然なんですよ。
天草四郎の十字教は、神教やら仏教を取り入れて幅が広い術式を使えるとかね。
神教や仏教がキリスト教を吸収することならありえますよ?
多神教ですからね。
でも、一神教で他の宗教の神様を悪魔にしてきたキリスト教が、他の宗教を取り入れる事は非常に稀なんです。
この辺の話は、中国のキリスト教なんかを見ても面白いと思います。
キリスト教はあくまで孤高だからこそキリスト教。
そーゆー背景を無視しちゃうところなんかが、自分は大いに苦手です。

そんなワケで、自分がコレを人にお薦めする事は出来ません。
もし、宗教やら魔術やらの参考にしたいのでしたら、PHP文庫で探した方が有意義です。
萌え目当てで読むのが正解なのでしょうし、だからこそ小難しい事を除外した外伝の方が楽しめるんじゃないかと思います。
ちなみに、もし宗教対立を作品に取り入れたいのでしたら、
私はガープス・ルナル・サーガをお薦めします。
オリジナル世界を作り上げたTRPGの資料集は宝の山です。
本気で。

更新がしばらく空きましたが、理由としましては筆が進んでないから、くらいに考えてくれるとありがたいです。
筆が進んでないのに、ブログやら何やらってどうなんだろう、と。
少なくとも、このブログは本編の補完用なわけですし。
酒作りの妄想が大半を占める更新って言うのも、なんだかなぁ……って個人的には思うわけなのね。

爪'ー`)y‐の話

爪'ー`)y‐
名=フォックス
異名=人形遣い 陰の王 狐
出身民族=リーマン(?)
一人称=私
使用武器=九尾(宙を舞う九本の長剣とそれを操る斬鉄糸) 狐火 飛刀
役職=なし
愛馬=なし
旗印=なし

第2部のラスボス。
第3部現在消息不明なので、リーマンに加えるか迷ったのですが……。
特徴は黒の長髪に、濃紺の外套。桃色の薄絹を首元に巻きつけ、手には常に阿片の煙管を持っています。
薬物で20代の外見を保っていますが、中身は爺です。

こいつは憎たらしいほど面白いキャラとして書けたと思っています。
陰謀家として各国を混乱に陥れながら、暗殺者としても超一流。
ようやく挽回した戦略的不利を、こいつ一人で引っ繰り返す怪物。
全ての生き人形の王でもあり、今後も色々と裏で暴れてくれるのを期待しています。

個人的に、フォックスの考えは嫌いじゃありません。
結局フォックスの思考って言うのは『出る杭は打たれる』『長いものには巻かれろ』ってだけなんですよね。
中世時代ってのはそれが正しい考えでもあったわけです。

歴史的に見ても身分制度が存在しなかった国ってないんですよね。
士農工商しかり。カースト制しかり。
で、こういった身分制度崩壊の影には、大体において上層階級の増長や経済不安があったりします。
極論を言っちゃうと、政治や経済がしっかりしていれば『長いものには巻かれろ』も選択肢の一つだと思うのです。

自分が好きな小説のテーマに『最高の王に支配された君主制と腐敗しきった民主政の対立』が
書かれているものがありまして、どちらが優れているかと問われたら、その答えは簡単には出ないのではないでしょうか?
もしツンが存在していなかったら、フォックスの思考こそ物語の舞台を平穏に導けたものだったのかもしれません。


以下、コメ返しとどうでもいい話。

意外とコメ返しに関する好意的意見が多くて感謝しております。
コメを返した方が良いのか、良くないのか、結構悩んでたんだよねw
気まぐれで返したり返さなかったりになるだろうけど、今では義務的にならない程度に返させて貰うのが一番かな、なんて思ってます。

アンドゥリルをちゃんと知ってる人がいてくれた事に感激。
一応、勝利の剣と並ぶ選王の剣 みたいなヒントは出したつもりだったんだけど……とか冷や冷やしてました。
そしたら、アンドゥリルの外見は『刀身に太陽と三日月、7つの星、ルーン文字』だったんだよねwwww
そりゃ、気付かれない筈だよwwwwww

昨日の時分が嫌いなおはなしの件ですが、
と○○○○○○○○○○ス
って奴ですね。
※2を見た時、結構驚いたんだけど、最後が『く』の方が正しいのか?
スピンオフ作品は最後が『ン』よりも『う』を使う方が多いみたいだし……どうなんだろうw
99%、※2は正解だと思います。

なんて言うかさぁ。
※1さんが言ってるように薄っぺらいと言うか……。
自分が覚えてるだけでも、超能力、魔術、英国国教会、カトリック、ロシア正教、天草四郎、南米系シャーマン、吸血鬼ハンター、陰陽道、学園都市、変な裏組織、警備課みたいな組織、ロボット(?)……。
この一つをじっくり掘り下げるだけでも、相当量の作品になると思うんだよなぁ。

実際、1巻は割りと面白かったさ。
だからこそ、ガッカリなんです。
ただ、何て言うか、作品から見えてくる全体図が、最初からでっかい舞台があってそれを徐々に見せていくような感じじゃないのよ。
無計画に建て増しを続けた不恰好なお屋敷みたいな広がり方をしてるというか。
お湯を入れすぎたカップスープを飲まされてる気分。
人気作品だからどんどん出したいのは分かるけど、どうせだったら一つのテーマをもっとじっくり掘っていけばもっと面白くなったと思うんだよなぁ。

スピンオフを漫画で読んだら案外面白かったんで、
原作全巻&SS作品を大人買いして、それが失敗だったと分かった時の喪失感っていうのか。
しかもそれをブックオフに持っていったら既に平積み状態で、1冊100円程度にしかならなかった時の呆然とした気持ちって言うのか。
最近流行の言葉で言うところの、

物売るってレベルじゃねーぞ!!!!!!

なんて思うわけです。

知識 の話

唐突だけど、ブーン系に限らず、書き手の知識が現れている作品って本当に面白いと思う。

例えば、歩くようですの臨場感。
競輪やトライアスロン、高校バスケのリアルさ。
天国や丸い部屋で感じた恐怖。
btcmの人が書く戦闘シーンは、格闘技経験者ならではの凄みがある。
アルファベットの作者さんは「ソープに行け」の人が好きとどこかで読んだ気がするけど、一体何十回読み返したんだろう。

ブーン系以外では遠藤周作、ヘミングウェイ、モーム、各国のシェフのエッセイなんかも面白い。
料理本と言えばどうしてもレシピ本が頭に浮かぶけど、実際に読んで料理への興味を引くのはエッセイや小説だ。
最近だと『南極料理人』が映画になったけど、騙されたと思って読んでみて欲しい。

話を戻すと、これらの知識は書き手さんが経験、もしくは書物によって得てきた物なんだろうと思う。
( ^ω^)系作者が好きな書物についてひたすら語りあうようです。とかスレ立てたら、
あっという間に1000いくんじゃないだろうか?

知識と言う物はあればあるほど身を助けてくれるもので。
例えば、今日は『どこ駆けでハインやヒートがパンツ見せながら戦ってるけど、時代考証的にはどうなんだろう?』
みたいな本気でどうでもいい疑問を解決する為、図書館に篭もっていた。
どうやらローマ時代にはビキニの原型があったらしく、考証的には間違っていなかった訳だけど、
それだけでなく非常に有意義な無駄知識を蓄える事が出来た。

書物で得られる知識と言うのは本当に便利だ。
当然、経験でしか得られない。深められない知識は無限に存在する。
が、いくら俺が永遠の17歳だとしても、全ての知識を経験から得るのは不可能だ。
前屈で90度曲がらない俺にどうやって少林寺を極めろと言うのか?
また、今から中世欧州の生活を経験から学び取る事も出来ない。
経験では得られない知識と言うのもまた、無限に存在するのだ。
それを真に理解した時、書物による知識が、経験のサポート役ではなく、本流となる可能性が開ける。

今日得た知識なんだけど、正座が発祥した由来を御存知でしょうか?
実は鎌倉時代には女性も胡坐をかいていたらしい。
それが室町時代には正座をするようになっている。
というのも、鎌倉時代までは女性も袴を穿いていたらしいのね。
でも、女性が袴を穿かなくなってから、胡坐をかくと色々と見せちゃいけない部分が見えるようになってしまった。
当時は女性の下着と言えば腰巻でしたから。
そんなわけで、裾が広がらない正座が主流になったわけですね。

で、どこ駆けが時代背景を設定しているのは西暦だと1400年代前半。
この時代、下着は文化にどのような影響を与えたのか?

実は、十字軍全盛期、欧州では下着に関する面白い流行があったらしいんです。
それは、愛し合う男女が下着を贈りあう事。
ただ贈りあうだけではありません。
男性は戦場で討ち取った敵軍将官の血まみれの下着を女性に贈り、
女性はそれを愛する人が勇敢である事を示す為に身につけて見せびらかす。
女性は男性に自分の下着を贈り、男性もそれを身につけて、わざわざズボンに穴をあけたりして見せびらかす。

ち*゚∀゚)ー『……』

正気の沙汰じゃありません。
ですが、これって言うのは、経験じゃ得られない知識です。
ぶっちゃけ、どうでもいい知識なんですが、
こーゆー馬鹿馬鹿しい事柄でも少しづつ消化していくのは、作品にとって必ず良い影響を現してくれると思います。

ここまで書いて思ったのですが、自分が非常に嫌っているおはなし(小説と呼ぶ事すらおこがましい)がありまして。
えぇ、ここまで嫌悪するのは珍しいですよ。
それって言うのは、知識を吸収しておらず、ひたすら羅列しているだけに感じるからなんでしょう。

世界中の魔術や宗教観をごちゃ混ぜにした混合物を、現代の仮想空間に放り込み、
その解釈も全部無茶苦茶。書き手のご都合主義。
量はあっても中身がない。
普通なら、神教一つ取ってみても、それだけで膨大な情報が詰まってるんです。
それを表面だけなぞっているだけだから、深みも何も無い。
挙句の果てに魔術やら超能力やら変な組織やら出てくるわ、
上から目線で説教臭いわ……。

もうね、歴史マニアとしては歴史に対する冒涜としか思えないんですよね。
炒飯を何食か喰っただけで『俺は中華料理を極めたぜ』って言ってる奴がいたら滑稽じゃないですか?
で、そいつが偉そうに『中華とは何か?』とか語り始めたら……
普通ならコメカミにドリルとかでも文句は言えないですよ。本気で。
これは知識を身につけているんじゃなくて、振り回されているっていうんです。

知識を得ることは大事。
でも、知識に振り回される事は恥。
書物によってしか得られぬ知識というのは非現実的事項が多く、
時折このような罠が待ち構えている。
裸の王様にならぬよう、常に心がけないといけないと思いました。

( ・×・) の話

( ・×・)
名=ハートマン
異名=笑面虎
出身民族=リーマン
一人称=俺
使用武器=拐
役職=第零番歩兵部隊【白衣白面】隊員
愛馬=なし
旗印=なし

多分、ちゃんとした階級がないのに良い味を出してくれてる人。
口癖は『ファハハーッ』と、変な笑い方。

かつて上官を見殺しにしたトラウマから白面に参加。
ハートマンの名前は偽名で、その上官の物となっております。
ちなみに本名はレナード。
上官からは【笑面豚】と呼ばれていました。
まぁ、元ネタは言わずもがな、です。

第3部になってから各将官の役職が大きく変わりました。
まとめておきますと、


・アルキュ国王 【金獅子王】ツン=デレ

五大令
・中書令(立法長官) 【天智星】ショボン
・尚書令(行政長官) 【白鷲】フィレンクト
・司書令(司法長官) 【急先鋒】ジョルジュ
・太府令(財務長官) 【神算子】レーゼ
・軍務令(軍務長官) 【無限陣】ニイト=クール

尚書門下(行政官)
戸部官(戸籍・租税担当) 【花飾り】ミセリ 【金剛阿】兄者
工部官(土木・建築担当)【赤髪鬼】ヒート 【九紋竜】ギコ

司書門下(司法官)
刑部官(刑罰・警備担当) 【紅飛燕】シィ 【金剛吽】弟者

中書門下(立法官)
法部官(法の公布・伝達) 【第六天魔王】ダディ 【自由騎士】フンボルト

太府門下(財務官)
内部官(島内の情報・流通全般の管理) 【天駆ける給士】ハイン 【祝福の鐘】ハルトシュラー

近衛侍中(ツンとクーの警護) 【金槍手】レーゼ 【王家の猟犬】ニイト=ホライゾン



第零番歩兵部隊【白衣白面】隊長・千歩将 ニイト=ホライゾン 
第一番歩兵部隊隊長・万歩将・歩兵部隊筆頭 ギコ
第二番歩兵部隊隊長・千歩将・筆頭補佐 ヒート 
第三番歩兵部隊隊長・千歩将・筆頭補佐 フンボルト
第四番歩兵部隊隊長・千歩将 ミセリ
第五番歩兵部隊隊長・千歩将 ハイン
第六番歩兵部隊隊長・千歩将 兄者
第七番歩兵部隊隊長・千歩将 弟者
第八番歩兵部隊隊長・千歩将 ハル

強襲騎兵部隊【薔薇の騎士団】 万騎将・騎兵部隊筆頭 ジョルジュ
国土防衛騎兵部隊【青雲騎士団】 千騎将 筆頭補佐 フィレンクト
重装騎兵部隊【天馬騎士団】 千騎将 リーゼ
遊撃軽装騎兵部隊【黄天弓兵団】 千騎将 シィ
自由騎士団【戦鍋団】 千騎将 ダディ

リーゼ、クー、ショボンの3人は武官職を兼任していません。
プギャーは白面の副官ですが、官職についている訳ではなく普段は城下で小物屋を営んでいます。
ハートマンは刀剣鍛冶屋です。

各地の太守としては
ヴィップ ツン
ニイト クー(普段はレーゼが城主代理)
カンパリ レーゼ(普段はフンボルトが城主代理)
ギブソン ジョルジュ(普段はダディが城主代理)
マティーニ フィレンクト

なのですが、ジョルジュやクーは代行を置いていることの方が多いです。

こんなもんかなー。
なんか追加した方が面白そうな、どうでもいい裏ネタがあったら教えてください。

jハ*゚ー゚ル ( ・∀・) ('、`*川 爪 ゚Д゚) の話

jハ*゚ー゚ル
名=ハル(ハルトシュラー)
異名=祝福の鐘
出身民族=ラウンジ
一人称=私
使用武器=二本の鉄扇
役職=太府門下・千歩将
愛馬=白馬
旗印=なし(鐘の紋章)

( ・∀・)
名=モララー(ニイト=モララー)
異名=勝利の剣 夢幻剣塵
出身民族=ニイト
一人称=僕
使用武器=勝利の剣
役職=ニイト公(後、クーによってニイト開国王に封じられる)
愛馬=???
旗印=青地に白い狼

('、`*川
名=ペニサス(ニイト=ペニサス)
異名=なし
出身民族=リーマン
一人称=私
使用武器=なし
役職=なし(統一王の妹)
愛馬=なし
旗印=なし

爪 ゚Д゚)
名=ラーゼ
異名=???
出身民族=ニイト
一人称=私
使用武器=西方の焔
役職=モララーの副官
愛馬=???
旗印=???

久々の人物紹介。
これでニイトは全員出たはずです。
多分。

ハルは元々イレギュラーな登場人物でした。
ただひたすら、『ガチ百合書きたい・・・』の念で登場。
口癖は『お馬鹿さん』
書いてるうちに段々乳酸菌大好きな薔薇人形っぽくなってきて非常に使いづらくなってしまいました。
良いキャラなんだけどなぁ。

この子はどこ駆けしか出ないだろうなぁ……って思ってたら、
偶然時を同じくして、八尺様にも登場しておりました。
ただ、八尺様のハルはAAが j l| ゚ -゚ノ| なんで、どこ駆けと全然違います。
どっちがより正確かと言いますと、八尺様。
なんせ、元AAは
    '´,,==ヽ
   |´iノハルト〉
    j l| ゚ -゚ノ| <修羅となれー
   ,⊂リ;春jリつ
  ( (ノ爻爻ヽ
    `~じソ~´

      ______
      \|        (___
   ♪___  |\            `ヽ、 ♪    ♪
   '´,,==ヽ \             \  ♪   ♪
   |´iノハルト〉   \             〉     ♪
.  i l| ゚ー゚ノ|   ♪ \           /
  j つ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 ( 匚______ζ--ー―ーrー´
  || ||`~じソ||´    ||      .||

ですからw
前髪にハルトって書いてあるんですよねー。
なんでどこ駆けでは変わっちゃったかって言うと、個人的に気に入らなかっただけです。
なんとなく川l.゚ ー゚ノ!と被るし。


モララーは今後に向けての重要人物。
ブーンとクーの父親。
ブーンの口癖の『~だお』はモララーの口癖『~だよ』がベースになってます。

若かりし頃はアルキュ島だけでなくラウンジ王国の更に北、神話の国にまで旅をしています。
その時に勝利の剣、西方の焔、魔棘、つらぬき丸などの様々な聖剣・魔槍を持ち帰りました。
勝利の剣やつらぬき丸は元ネタが一発でばれましたが……西方の焔は元ネタが分かった人がいるのか心配です。

フォックス以上の化け物だったのですが、陰謀によって殺されました。
フォックス同様、どんな戦略的不利も個人の力で引っ繰り返す実力者。
どんな策を練っても呂布が5人で突っ込んできたらどうしようもないみたいなもんです。
ドクオと戦っていたら……多分勝つ。
裏設定として、相当な好色家でアルキュ各地に愛人がいたとか。
まぁ、どうでもいい設定ですけど。

ペニサスは……ぶっちゃけ、大人っぽい♀AAってだけでこのポジションに。
設定も何もありません。
どこ駆け連載当時はペニサスはマイナーAAだったんで『まぁ、このAAなら死んでもいいかなwwww王妹ペニサスって響きも良いしwwww』なんて軽い思いで殺された人。
が、今になると非常に後悔してます。
こいつか(゚、゚トソン(プギャーの妻。鬼籍)が生きてれば、無理にハルのガチ百合キャラを設定しなくても良かったかもしれない。

ちなみに、ヒロユキとは半兄妹になります。
ブーンとツンは2人とも王家由来の人物ですが、血の繋がりは殆どないんですよね。
1/8くらいかな?


ラーゼは予定ではただのモブキャラでしかありませんでした。
クーとレーゼ・リーゼの繋がりを深める為に登場。
その時には勝利の剣入手イベントは頭の中にあったので、トントン拍子で登場が決まりました。
武人らしく最期は潔く自決。
心は常にモララーと共にあった人。
モララーにラーゼがいたように、ブーンの側には誰がいるのか?
第3部ではその辺からモララーの存在が強く出せていけたらと思っています。

現行報告 の話

第32章 金獅子王の大号令
570行
28kb

多分、40~50%くらい。
今週中の投下は厳しいかな。
それよりも本気で登場人物のほうを進めないと、どうしょうもないし。

久々にコメ返し。
コメは当然、ちゃんと拝見しております。
ホントは全部返事を書いたほうが良いのでしょうが……
何て言うか、そっちに時間を使うより現行をガンガン進めたほうが良いんじゃないか、って考えてます。
元々、このブログは現行の進展状況や、捕捉のために始めた物であって、
それで現行に使える時間を削っちゃうのは本末転倒な気がするからです。

>あたし様はね、一方的にヤって終わりの“意味なし オチなし 意味なし”が大嫌いなのさっ!!
>101…?

 ごめんなさい。
 ここは最初の意味なしが、山なしです。
 オムさんに修正依頼をかけさせていただきました。

>ところで・・・
>ステカセキングのエロ画像は貰えたのでしょうか?

 だれもくれなかったwwww

>モブには勿体ないな塩商人

 シャオランは今後色々と活躍の機会がありそうです。


なんとか近いうちに投下したいなぁ。

やっちまった って話

えっとですね。
昨夜、第31章を投下したわけですが。

もう、ホントにごめんなさい。
誤字が多すぎ。
人様の前に出してはいけないレベルでした。
飯屋だったら代金をもらえないレベル。
穴が空いたコンドームみたいなもん。
本当に申し訳なかったです。

一つや二つなら笑って誤魔化せるけど、これはどうしようもないレベル。
一人称、二人称の間違いから始まって、接続詞や語尾と言った初期文法のミスまであると、流石に笑えません。

おそらく原因は、最近ノートに書き溜める機会が増えたので、
それをPCで書き込む際、推敲したつもりになっていてしまった事。
ホントに基本的なミスでした。
もっとしっかり推敲さえしていれば防げたミスだけに、
自分に甘さがあったなぁ、としきりに反省しております。

ところで、第3部に入って舞台が広がった分、一気に登場人物が増えました。
まず、登場していたけど、登場人物紹介に載っていなかったのが
・<丶`∀´>
・从'ー'从
・爪'ー`)y‐
・( ´∀`)
・ミ,,゚Д゚彡
・(*゚∀゚)
・lw´‐ _‐ノv
・( ・へ・)
・( ゚∋゚)
・( ・ー・)
・jハ*゚ー゚ル
・( ・∀・)
・('、`*川
・爪 ゚Д゚)

・第3部で初めて登場したのが
・ル∀゚*パ⌒
|・゚ノ ^∀^)
・爪 ,_ノ`)
・(=゚д゚)
・斥 'ゝ')

・第32章で初登場&本格登場するのが更に四人。

ち*゚∀゚)ー『……』

ざわ・・・
                                    ざわ・・・
     やばいっ・・・
                 ざわ・・・
 これは・・・                宿題を溜め込みすぎた小学生とか・・・
       ざわ・・・
             そんなレベルじゃないっ!!
                                ざわ・・・

   しかも、まだMAPが第3部仕様になってないとかっ・・・

                            愚鈍っ・・・
 ざわ・・・                                 ざわ・・・

      どうしようもない愚図っ・・・・・・!!




死なない程度に頑張るつもりです。

でも、ようやく人が揃ってきたなぁって感じかな。
爪 ,_ノ`)と斥 'ゝ')は某所でモブとして募集したものなのですが、
キャラは多ければ多いほどありがたいです。

爪゚ー゚) |゚ノ ^∀^) 爪 ,_ノ`) (´・ω・`) ( ̄‥ ̄) と、ようやく経済分野で暴れてくれる連中は、
少なくとも頭数は揃いました。
経済を絡めた戦争に向けて、こいつらが大いに暴れてくれるのが、作者としても非常に楽しみです。

投下予告の話

第31章 南の分裂
1500行
70kb


ミッションコンプリート

元々、31章に詰め込むべき部分の50%~60%なのですが、
とりあえず完成。
これから推敲……と言いたいけれど、流石に眠いw

そんなわけで、本日22:00から投下予定。
あ、地図とか治したい部分もあるし、土曜に悪魔戦争が来るって言ってたから、
読みながら投下したいんで、土曜になるかも。
他の作品読みつつ、推敲しつつ……ってスタイルなんで、追ってる現行と被ると嬉しい。
基本的に書き溜め中はどうしてもブラウザ閉じてるから、読み逃す事も多い。

だから、たまたま追ってる現行見つけると嬉しくて嬉しくて。
やっぱ、リアルタイムは楽しいもんね。
まとめでじっくり読むのと違った楽しさがある。
支援の文字だけじゃなく、読者さんのレスに笑ったりしてさ。

逆に投下中、ブーン系スレが総合だけで、そこも過疎ってると泣きたくなります。

さて。
寝るぞ(シャーマンキング風に)

奇跡 の話

「作品の山場を奇跡で解決した場合の評価」について。
たけし→天国さん&ほのぼのさんが考察されているテーマですが。

結論から言いますと、
奇跡とは絶対に起きてはいけない物
だと思います。

つまり、反則。裏技なんです。
ギャグならまだしも、シリアスでは絶対にやってはいけない。
それが奇跡による解決です。
と、言いますのも、奇跡とは“起こり得ぬと知りつつも、それを求めなくてはいけない”状況や心理にこそ意味があると思うからです。

天国氏は『奇跡にはネガティブな物とポジティブな物があるのではないか』と考察されています。
この分類は天国氏という人物の視点だからこそ見出せた物ではないでしょうか。
少なくとも自分は、氏の考察に強く頷かされました。

では、この分類に基づきまして持論を展開させていただきますと……。
まず、ネガティブな奇跡の場合、それが山場に相当する機会その物が存在しない、のです。

例えば、自作『料理人になるようです』では、作中登場人物の一人クーが突然死しました。
が、大切なのは彼女が生きてきた人生や残された者達の心境。
つまり、『起こり得ないけれども生き返って欲しい』と奇跡を望む気持ちと『それを有り得ないと否定する』気持ちとが、テーマに変わるわけです。

表合作版『料理人になるようです』では、datと言う奇跡で彼女は束の間の復活を果たしますが、
それも『生き返った奇跡』が主題ではなく、彼女が限られた時間で何を伝えるか、が本題でした。

落雷という奇跡によって崩壊したバベルの塔の話もありますが、これも大切なのは落雷という『奇跡』ではありません。
大切なのは、そこに至る人類の慢心や、その後の反省や没落部分であるはずです。

そういった部分を無視すると、
『昔、一人の男が家を建てようとしていました。ところが突然雷が落ちて、家は崩壊。
男は死んでしまいました。終わり』
なんていう起承転結も糞も無い話が出来上がる。
新聞の三行記事ならまだしも、ストーリーとしては1点もあげられるもんじゃありません。

ポジティブな奇跡については、更に有り得ない。
例えば、またもや自作品の話になりますが『どこまでも駆けるようです』第2部最終話で、
ヴィップ将校を片っ端から討ち破ったフォックスの真下から、突然局地的噴火が前触れも無く起こって吹き飛ばされたら?
これはもう、完全なギャグです。
ジャンプの打ち切りでもここまで酷くありません。

つまり、私的考察としましては『奇跡によって全部解決。バンザーイ』はありえぬわけです。
ただ、『解決の糸口となる奇跡的出来事のスイッチを設置する場所』によって、
奇跡でも何でもない出来事を『奇跡的な物』として表現する事は出来ると思います。

例えば、ドラゴンボール。
フリーザと言う圧倒的強敵に対して悟空は伝説のスーパーサイヤ人に変身する奇跡を見せるわけですが、
これというのは事前に『悟空=サイヤ人』『スーパーサイヤ人というのが存在する』
という伏線があったからこそ成り立つものであって、もしこの事前情報が無かったら、読者は( ゚д゚)ポカーンです。
つまり、『事前情報という伏線』を敷く事によって奇跡は『必然』もしくは『可能性の一つ』となっていた。
ですから、実はこれは正確に言えば奇跡ではないわけです。

逆に、ダイの大冒険。
主人公パーティのヒュンケルが死に掛けているところに、死んだ筈のラーハルトが味方として登場!!
しかも強い強い……一人で無双の活躍をして『実はあの時……』と語りだす。
これは所謂『後付け』であって、奇跡でもなんでもない。
個人的にこの漫画はギャグ漫画のカテゴリーなのですが、
それはこの漫画が『後付け』による『奇跡』を連発しているからだと思っています。
もし、アバンにしろラーハルトにしろ一コマでも『復活』を匂わせるシーンがあれば別だったのでしょうが。

BLEACHの戦闘というコピペがありまして。

A「これが私の本気です」
B「私はその倍強いです」
A「実は実力を隠してました」
B「私もまだ本気ではありません」
A「体に反動が来ますが飛躍的にパワーアップする術を使わせていただきます」
B「ならば私も拘束具を外します」
A「秘められた力が覚醒しました」
B「私は特殊な種族の血を引いており、ピンチになるとその血が力をもたらします」
A「覚悟によって過去を断ち切ることで無意識に押さえ込んでいた力が解放されます」
B「愛する人の想いが私を立ち上がらせます」

お前は俺を笑い死にさせたいのか、と。
何の事前情報も出さずに後付けによる奇跡を連続させると、
このようなオシャレ系バトルギャグ漫画が完成するわけです。

まとめますと、まず『奇跡とは起こしてはいけない』。
何故なら、その奇跡を望む心理や状況こそがストーリーの根底になるからです。

『梅干の種を喉に詰まらせて魔王が窒息死。世界は平和になりました』
だけで終わる話に何の価値があるでしょう?
だったら、『魔王が梅干を毎日食べる事を知り、喉に詰まりやすい梅干の種を品種改良で作りあげる農夫』
の話の方が、億万倍の価値があります。

それでも『奇跡的な解決』を表現したいのならば、手段は2つ。
一つが『伏線』によって『可能性』を匂わせておく事。
これが巧妙であればあるほど読者に『奇跡』を感じさせる効果が高いと思います。
逆に、伏線を常に表に出して『必然性』を匂わせると、衝撃展開よりも熱血展開を重視した、
王道になっていくわけですね。

もう一つが『後付け』。
これはどんな時でも使える便利な代物ですが、多用すると『奇跡的な解決』のありがたみが薄れ、
最終的には『お約束』に成り下がる諸刃の剣でもあります。
使用できたとして、一度。
それも、読み手が全く気付かなかった伏線やミスリードを貼っておいて、初めて真価を発揮できるのでは無いでしょうか?

つまるところ、どちらにしてもこれらは奇跡でも何でもない。
散々、経済・戦略・戦術の結びつきを説いて来た者の持論に過ぎませんが、
世の中の全ての事象には繋がりがあり、それを無視して突然出てきた『奇跡』はコメディでしかないのです。

奇跡など起こり得ぬと知りながら、それでも抗い続ける勇気や堕ちていった悲しみと言った人間賛歌こそ美しいのであり、
それこそが真の奇跡である、と言うのが私なりの結論です。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ の話

第31章 南の分裂
900行
43kb


完成度で言えば50%くらい。
いや、普通の大学ノートにちょこちょこ書き溜めてるのが11ページ(450行くらい)あって、
それを入れても、まだまだ先が長そうな気配がある。
しかも、ちょこちょこと補足的なコマを挟まないと、後々苦労したり、後付け説明っぽくなる予感も……。
そう考えると、2000行・100kbで足りるかどうかも分からない。

あれ?
もしかして、PCに書いたのは30%ちょっとしか無い気もしてきた……

(*゚∀゚)『……』

うん、無理だwwwww

書くのは簡単だけど、投下時の最終推敲も大変だし、読むのも大変だ。
しかも、30レス分で43kbってんで分かってもらえるかもですが、
相当地の文が多いwwww
基本は1レス1kbなんですよ。
って事は約1.5倍の容量がありやがる。

    ざわ・・・
             どうしてこうなった……
 どうして俺はっ……                                      ざわ・・・
                       同じ失敗を繰り返してばっかりでっ……
         畜生……畜生っ……
                                    ざわ……


いや、単純に第3部の伏線やら何やらを色々詰めてたからなんですけどね。

そんなわけで、第31章で全部書ききるつもりだった部分は、
二話に分ける事になりそうです。
あぁ、また連載が長くなる……。

今夜中にノートに書いてあった分をPCに写しながら推敲して。
投下も近日中にしたいと思いますです。

その前に、台風が来てるし畑の様子を見ておかないとな……。
港も気になるし、屋根も修理しないと……。
なぁに。
ちょっとだけだから大丈夫さ……。
カテゴリ
プロフィール

cook0525

Author:cook0525
さっき耳を動かして遊んでいたら、
なんかみんな耳なんか動かせないとか言い出して
うん分かった明日から無人島でくらすよ。

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。