スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3部序章 の話

序章 生誕祭の訪問者
28kb
570行


まぁ、80%くらいのトコだと思う。
舞台はフォックスとの戦いから2年後。
ヴィップは意外な人物の活躍で、おおいに発展しております。
ニイトとの連合によって経済力と言う武器を手に入れ、
ようやく大戦争が起こせる所まで進んだ訳です。
長かったなぁ。

作中でも度々述べておりますが、
戦術は戦略に依存し、戦略は経済に左右される
これは絶対的な条件なんですね。

少なくとも、どこ駆けが一人の人間が宇宙も滅ぼすような空想ファンタジーでなく、
現実世界のどこかで実際にあったかのように表現するリアルファンタジーである以上、崩すわけには行かないと思います。

お財布の中身で政治は変わってしまうし、政治の優劣は戦争の勝敗に必ず結びつく。
それすら引っ繰り返してしまう強さを持っていたのがフォックスなわけですが、
第2部の最終章は自分でも「こいつに勝てるのか?」とワクワクしながら書いておりました。

ヴィップやニイトの面々が苦労して挽回した戦略的戦術的不利を一人で引っ繰り返す強さを持った【人形遣い】フォックス。
この存在によって、どこ駆けと言う世界での強さの線引きが作者の中で生まれてくれました。
逆を言えば、こういった政治的戦争的なルールがあったからこそ、フォックスが輝けたのではないかと思います。

ぶっちゃけ、第3部は途中まで自分の中で「?」だったのですが、
こいつが化け物だったおかげで、一本芯が通ったストーリーが溢れてきてくれました。
ありがたい。

前回、小ネタで書いた10分小説。
色々な作者さんが挑戦しておりまして、非常に興味深く読ませていただいております。
自分も一言「なんだこれ」という評価を頂いたのですが、
ストーリーが天地創造から進化論へと続く前にタイムオーバーしてしまいました。
まぁ。
「なんだこれ」って一言ほど的確な評価はないよなwwww
これなら文化部バトルを短編投下してたほうがマシだwwwww
いつか総合で投下しよう。


久々に村上春樹の「ダンスダンスダンス」を読み返しました。
この作者が面白く読める小説は、これが最後であり最高峰の物だと思います。
個人的に「風の歌~」「羊を巡る~」「遠い太鼓」「雨天炎天」などが好きなのですが、
「ダンス~」はその中でもずば抜けているように感じます。

ただ、ね。

「大きい」

「それに固い」


この台詞を読むたびに吹いてしまうwwwww
なんだ、この童貞の妄想みたいなセックスシーンはwwwww
風俗かwwwwwwwwww


そこを抜かしても、素晴らしい作品です。
「ねじ巻き鳥」「IQ84」あたりで「なんか、無理に自分ぽさを作ろうとしている感じだな」と感じてしまった人でも、
楽しめる作品です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみに待ってる

80%か…楽しみにしてるぜw

ワタシ待テルヨ

シルバーウィーク中に投下が来ると予想

wktkしながら待ってるんです><
カテゴリ
プロフィール

cook0525

Author:cook0525
さっき耳を動かして遊んでいたら、
なんかみんな耳なんか動かせないとか言い出して
うん分かった明日から無人島でくらすよ。

最新コメント
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。