スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投下予告の話

第31章 南の分裂
1500行
70kb


ミッションコンプリート

元々、31章に詰め込むべき部分の50%~60%なのですが、
とりあえず完成。
これから推敲……と言いたいけれど、流石に眠いw

そんなわけで、本日22:00から投下予定。
あ、地図とか治したい部分もあるし、土曜に悪魔戦争が来るって言ってたから、
読みながら投下したいんで、土曜になるかも。
他の作品読みつつ、推敲しつつ……ってスタイルなんで、追ってる現行と被ると嬉しい。
基本的に書き溜め中はどうしてもブラウザ閉じてるから、読み逃す事も多い。

だから、たまたま追ってる現行見つけると嬉しくて嬉しくて。
やっぱ、リアルタイムは楽しいもんね。
まとめでじっくり読むのと違った楽しさがある。
支援の文字だけじゃなく、読者さんのレスに笑ったりしてさ。

逆に投下中、ブーン系スレが総合だけで、そこも過疎ってると泣きたくなります。

さて。
寝るぞ(シャーマンキング風に)

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ の話

第31章 南の分裂
900行
43kb


完成度で言えば50%くらい。
いや、普通の大学ノートにちょこちょこ書き溜めてるのが11ページ(450行くらい)あって、
それを入れても、まだまだ先が長そうな気配がある。
しかも、ちょこちょこと補足的なコマを挟まないと、後々苦労したり、後付け説明っぽくなる予感も……。
そう考えると、2000行・100kbで足りるかどうかも分からない。

あれ?
もしかして、PCに書いたのは30%ちょっとしか無い気もしてきた……

(*゚∀゚)『……』

うん、無理だwwwww

書くのは簡単だけど、投下時の最終推敲も大変だし、読むのも大変だ。
しかも、30レス分で43kbってんで分かってもらえるかもですが、
相当地の文が多いwwww
基本は1レス1kbなんですよ。
って事は約1.5倍の容量がありやがる。

    ざわ・・・
             どうしてこうなった……
 どうして俺はっ……                                      ざわ・・・
                       同じ失敗を繰り返してばっかりでっ……
         畜生……畜生っ……
                                    ざわ……


いや、単純に第3部の伏線やら何やらを色々詰めてたからなんですけどね。

そんなわけで、第31章で全部書ききるつもりだった部分は、
二話に分ける事になりそうです。
あぁ、また連載が長くなる……。

今夜中にノートに書いてあった分をPCに写しながら推敲して。
投下も近日中にしたいと思いますです。

その前に、台風が来てるし畑の様子を見ておかないとな……。
港も気になるし、屋根も修理しないと……。
なぁに。
ちょっとだけだから大丈夫さ……。

第30章・投下予告 の話

第30章 南からの亡命者
810行
36kb


ミッションコンプリート

そんなわけで今晩22時頃から投下させていただきますです。

まぁ、810行って言うと自分の場合随分短いんですが、
前回の序章、今回の30章、次回の31章で本格的な3部の導入になるんで、
区切りを考えるとこんなもんかと。
もし、一つにまとめようとしたらメリハリを考えると4000行は必要になる。
流石に150kbの投下を一度にするのは厳しいし、分割するとなるとこの辺が一番でしたの。

問題は2つ。
一つが、第3部……全15章じゃおわらねぇwwwww
やばいwwwww20章は使うwwwww
もう一つが、全然登場人物紹介をいじってないのに、また新キャラが増えたwwww

新キャラは増える予定だったから問題ないんだけど、
第3部が伸びるのは問題だよなぁ。
これ以上風呂敷広げてどうするんだよwwwww
まぁ、今回でここ暫くずっと回収を続けてきたから、少し広げるのも良いけどさ。
どうかんがえても自殺行為です。本当に(ry

その分、一つ一つの話がコンパクトで、間隔を置かずに投下。
もしくは一日に二話投下とかの機会が増えそうです。

そんな感じで。

投下予告 の話

第3部序章 生誕祭の訪問者
43kb
900行


ミッションコンプリート

舞台は2年後ってんで多少梃子摺った感が否めない。
登場人物も色々変化があったり、成長もしてるからね。
第2部では第1部終了時と比べて主要人物が倍になってるわけで。
はい、苦労しました。

43kbっていうと、本来なら1100~1200行の容量。
つまり、今回地の文多いです。
まぁ、何が何でも全部読まなきゃ今後の展開が掴めないわけじゃないんですけどねw
どんな人物がどんな風に変わったか、くらいに把握できてれば何の問題も無いです。
あくまで、序章なんてものは漫才で言うツカミの部分に過ぎませんから。

自分が地の文を詰める時は、重厚感を出したい時に多用する手段なんですね。
重厚感があるシーンと軽快な会話を繰り返すと、自然メリハリがつくじゃないですか。
同時に、一気に落としやすい。
結構使いやすい技法です。

多分、9月の投下はこれが最後かな。
9月中に登場人物紹介を進めて、一度くらい「呑むようです」も書いて。
文化部バトルも本気で書きたいなぁ。

で、10月から本格的に第3部って感じ。
第29章は書き始めてるけど、どっちかと言うと序章の後編みたいな展開なんですよね。

さて、眠いけどこれから簡易版登場人物紹介の改定作業だ。
MAPも作り変えて……やる事が多すぎるぜ畜生。
全部終わったら20:00から投下の予定で。

さっき総合で、ながら投下の人がいたんですけどね。
読んでると面白いんですよ。
改行部分に気をつけてくれれば普通に連載で読みたい作品だったんです。
でも、やっぱり2時間半で10レスって言うのは読み手からすると辛い。

自分の作品に対する正当な評価が欲しければ、それに対する手順は必要なのかもしれない。
そんな風に思いました。

第3部序章 の話

序章 生誕祭の訪問者
28kb
570行


まぁ、80%くらいのトコだと思う。
舞台はフォックスとの戦いから2年後。
ヴィップは意外な人物の活躍で、おおいに発展しております。
ニイトとの連合によって経済力と言う武器を手に入れ、
ようやく大戦争が起こせる所まで進んだ訳です。
長かったなぁ。

作中でも度々述べておりますが、
戦術は戦略に依存し、戦略は経済に左右される
これは絶対的な条件なんですね。

少なくとも、どこ駆けが一人の人間が宇宙も滅ぼすような空想ファンタジーでなく、
現実世界のどこかで実際にあったかのように表現するリアルファンタジーである以上、崩すわけには行かないと思います。

お財布の中身で政治は変わってしまうし、政治の優劣は戦争の勝敗に必ず結びつく。
それすら引っ繰り返してしまう強さを持っていたのがフォックスなわけですが、
第2部の最終章は自分でも「こいつに勝てるのか?」とワクワクしながら書いておりました。

ヴィップやニイトの面々が苦労して挽回した戦略的戦術的不利を一人で引っ繰り返す強さを持った【人形遣い】フォックス。
この存在によって、どこ駆けと言う世界での強さの線引きが作者の中で生まれてくれました。
逆を言えば、こういった政治的戦争的なルールがあったからこそ、フォックスが輝けたのではないかと思います。

ぶっちゃけ、第3部は途中まで自分の中で「?」だったのですが、
こいつが化け物だったおかげで、一本芯が通ったストーリーが溢れてきてくれました。
ありがたい。

前回、小ネタで書いた10分小説。
色々な作者さんが挑戦しておりまして、非常に興味深く読ませていただいております。
自分も一言「なんだこれ」という評価を頂いたのですが、
ストーリーが天地創造から進化論へと続く前にタイムオーバーしてしまいました。
まぁ。
「なんだこれ」って一言ほど的確な評価はないよなwwww
これなら文化部バトルを短編投下してたほうがマシだwwwww
いつか総合で投下しよう。


久々に村上春樹の「ダンスダンスダンス」を読み返しました。
この作者が面白く読める小説は、これが最後であり最高峰の物だと思います。
個人的に「風の歌~」「羊を巡る~」「遠い太鼓」「雨天炎天」などが好きなのですが、
「ダンス~」はその中でもずば抜けているように感じます。

ただ、ね。

「大きい」

「それに固い」


この台詞を読むたびに吹いてしまうwwwww
なんだ、この童貞の妄想みたいなセックスシーンはwwwww
風俗かwwwwwwwwww


そこを抜かしても、素晴らしい作品です。
「ねじ巻き鳥」「IQ84」あたりで「なんか、無理に自分ぽさを作ろうとしている感じだな」と感じてしまった人でも、
楽しめる作品です。
カテゴリ
プロフィール

cook0525

Author:cook0525
さっき耳を動かして遊んでいたら、
なんかみんな耳なんか動かせないとか言い出して
うん分かった明日から無人島でくらすよ。

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。